技術トピックス 【電磁波(地中レーダー)探査】>詳細
2012-07-11新着情報の画像

 地表から地中に発信された電磁パルス波は物質内部を透過し、空洞や埋設物などの境界で、一部が反射し地表に戻ります。この反射波を受信記録し、解析することにより空洞や埋設管の位置を知ることができます。この探査技術は、路面下のほかトンネル覆工背面、港湾・空港施設、橋梁、のり面などの点検や埋設(没)物調査などに効果的な手法です。
 当該技術について、当社技術陣と提携会社は20年余の豊富な経験と実績を有しており、その活用に関し適切なコンサルティングを行ないます。

戻る